2005/03/13 (日)

宇宙旅行シンポジウム大盛況!

3月12日に新橋で行われた宇宙旅行シンポジウムが大盛況となった。
2005年が宇宙旅行の元年であるということを改めて感じさせるすばらしいシンポジウムであった。


宇宙旅行シンポジウムは、日本航空協会と日本ロケット協会が主催して行われた日本初、いや、世界初の本格的な宇宙旅行シンポジウムであった。
宇宙局JAXAではなく、航空界が主催しているということが特筆すべき点である。

今回のシンポジウムでは、日本人初の宇宙旅行者元TBSの「秋山氏」の基調講演から始まり、ANSARI X PRIZEの水谷氏によるX PRIZEの解説や、パイロットによる宇宙飛行アンケートの結果などが公開された。

会場は椅子が足りなくなって立ち見の方が一時出るほどの大盛況ぶりであった。
「昨日までは100人も集まればいいと思っていましたが、なんと300人近くの方が集まりました。」
本シンポジウムを主催し、半年前から計画を進めていた、日本航空協会の穴吹氏は感激で目頭を熱くしながら語った。

パネルディスカッションでは、宇宙旅行事業とこれまでの宇宙局による宇宙開発とはまったく別の見方で考えるべきであるという発言があった。
民間か、官かという話では、リスクの面を負いやすい民間による開発と、官による法律や制度による後押しが望まれるという、民と官の共同による推進が良いのではないかと言う意見が出された。
和製か海外製かという意見では、海外製を買ってくるのでも良いと意見と、技術立国日本のモチベーションとポテンシャル、国家間における技術という武器を蓄積する為にも、より大きなビジネスチャンスを得る為にも和製にこだわりたいという意見が出された。
特に、米X PRIZEに単身乗り出した水谷氏が和製の宇宙機開発にこだわりたいという意見を述べらていた。

懇親会では、パトリックコリンズ教授を囲んで学生らが熱心に質問をする場面も見られた。
また、今回は多くの宇宙旅行関係者の方々も参加し、日本人次期宇宙旅行予定の榎本氏らの姿もあり、親睦を深めていた。

SF/Jのサイトを見て、シンポジウムのことを知ったという方も多数見えられ、SF/Jスタッフとしても感激でした。
この場を借りて、シンポジウムに参加してくださった読者の方々にお礼を申し上げます。

このような大きな反響が得られたことで、今後の宇宙旅行事業に向けて各界がまた一歩前進していくことを期待したい。


関連サイト
日本航空協会

2005/03/11 (金)

中国での個人向け宇宙旅行、問い合わせ殺到

中国での宇宙旅行プランに対して中国国内からの問い合わせが殺到している。
このプランは香港太空旅游公司のもので米スペースアドベンチャー社との協
力協定調印している。

香港太空旅游公司の蒋方社長は9日、同公司と米スペースアドベンチャー社との協力協定調印後、同公司が打ち出す個人向け宇宙旅行プランについて国内から多くの問い合わせを受け、深センだけで電子メールや電話による問い合わせが約100件あったことを明かした。しかし、新規申請者はまだいないという。「南方都市報」がこのほど伝えた。

香港太空旅游公司は宇宙旅行に関する国の認可をまだ受けていない。問い合わせが増える中、手続き上の問題をいかに解決するのか。 蒋社長はこれについて、「認可はまだおりないが、申請手続きの問題を解決する方法はすでに見つけた。大陸部の大手旅行社との提携だ」と話す。

中国は最近、宇宙に対する思いが熱く、国家あげての宇宙開発が活発であり実力もつけてきている。民間宇宙旅行ビジネスに関しての積極的な活動は今までは見えなかったが、ついに乗り出したようだ。日本は宇宙開発で中国に遅れを取った形になっているが、宇宙ビジネスの世界でも、そろそろ危機感をもって、本格的に宇宙旅行ビジネスに力を入れないと、ますますおいていかれるのではなかろうか?

関連サイト
Spaceref

2005/03/10 (木)

スペースアクセス協会、2005年大会を開催

米アリゾナ州フェニックスに本拠を置く、スペースアクセス協会
(Space Access Society)が2005年度の年次大会Space Access '05
Conferenceを4月28日から30日までフェニックスで開催する。

スペースアクセス協会は、素早く、容易で安全、かつ低コストな宇宙へのアクセスを確立することを目指した団体で、毎年、宇宙輸送に関連した団体や企業の人間を集め、大会を開催している。

今年の大会のテーマは、“Still A Long Hard Road Ahead”で、新しい商業宇宙輸送法の規制などについて議論が行われる。講演者としてArmadillo AerospaceやFAA AST、PoliSpace、Rocketplane LLC、SpaceX、The Suborbital Institute、TGV Rockets、XCOR Aerospaceなどといった宇宙旅行の第一線で活躍する団体の代表が出席する予定だ。

再使用型機による低コスト宇宙輸送への流れが加速している今、白熱した議論が繰り広げられるだろう。


関連ページ
Space Access Society
 
Space Access '05 Conference

a-News 2.32

Back Number
Space Future Japan